カフェで働く

地球人の学校

✴︎✴︎✴︎ 

── SDGs(持続可能な開発目標)の目的は、誰ひとり取り残さない社会を共創すること。

 

誰ひとり取り残さない社会とは、自分と自分の周りの人を手段や道具のように扱うことのない社会のこと。

 

日常の生活を少し気にかけてみるだけで、自分にも無意識に人を手段や道具のように扱ってしまっている場面があることに気づかされる。

 

人を手段や道具にしない社会を共創するには、まず自分が、自分と自分の周りの人を手段や道具のように扱わないようにするほかにはない。

世界中のすべての人が、自分と自分の周りの人を気にかけることができれば、すべての人は自分の周りの人からも気にかけてもらえることになる。

 

誰ひとり取り残さない社会は、自分が自分と自分の周りの人を気にかけることで実現する。

 

自分の魅力の幅を広げよう...