4. 質の高い教育を​みんなに

すべての人に包摂的かつ公平で

質の高い教育を提供し

生涯学習の機会を促進する

すべての子どもに初等教育を普及するという目標の達成に向けて、2000年以降、大きな進捗が見られています。

 

開発途上地域の就学率は2015年に91%に達し、全世界で学校に通えていない子どもの数はほぼ半減しました。

 

識字率も劇的に改善し、学校に通う女児の数は以前よりもはるかに多くなりました。

 

いずれも特筆すべき成果といえます。

 

しかしながら、開発途上地域では高い貧困率や武力紛争、その他の緊急事態といった大きな課題に直面しています。

 

西アジアと北アフリカでは、武力紛争の長期化によって、学校に通えない子どもの割合が増えています。

 

これは懸念すべき事態です。

サハラ以南アフリカの初等教育就学率は、1990年の52%から2012年には78%へと上昇し、開発途上地域の中で最大の進捗を遂げていますが、それでもなお大きな格差が残っています。

 

最貧層世帯の子どもは、最富裕層世帯の子どもよりも学校に通っていない率が4倍高くなっています。

 

都市部と農村部の間にも、依然として大きな格差が残っています。

すべての人に包摂的で質の高い教育を普及させるという目標は、持続可能な開発にとって、教育が最も有効かつ効果的な手段であるということを再認識するものです。

 

この目標は、2030年までにすべての男女が無償で初等・中等教育を修了することを目指しています。

 

また、職業訓練の平等な機会を提供し、ジェンダーと貧富による格差を解消することで、全世界で質の高い高等教育機会を提供することも、この目標の一つの狙いです。

質の高い教育の普及は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。

 

複数の目標を同時に達成するためには、包括的なアプローチが必要不可欠です。

資料:国連開発計画(UNDP)