About Us

地球人の学校

 

── 地球という惑星はそもそも誰のものでもない。

 

それは今も昔も変わらない。それなのに、国が領土を所有しているかのような認識に違和感を持つ人は少ないのではないだろうか。

 

人類は長い間、領土を奪い合い戦争をしてきた。現代でも都合の良い時代の史実を引用して、国の領土の正当性をお互いに主張し対立を続けている。

 

そもそも本来は誰のものでもないものの権利を主張し合うわけだから、このままでは争いが終わるはずもない。

 

誰のものでもない地球を、私たちは所有ではなく、占有している。それは互いの「寛容さ」なしには成り立たないことに、もっと意識を向けなければならない。

 

私たち人間は、執着や保身による、知性もしくは理性の放棄や、人を手段や道具のように扱う社会を、最も恥じなければならない。


 

✳︎✳︎✳︎

 

 

人が手段や道具のように扱われない社会を共創するために私たちにできることはなんだろう。

 

それは....

 

世界中のすべての人が、自分の魅力の幅を広げることに意識を向けることではないだろうか。

 

✳︎✳︎✳︎

──  なにかを選択するとき...

 

人は過去の経験や知見などから、未来を推測して選択をする。その「選択の正しさ」を、自分の「推測の正しさ」として知ることは可能かもしれない。

 

しかし、それは必ずしも選択の正しさを知ることにはならない。

 

✳︎✳︎

 

なぜならば選択の正しさは、推測とではなく「目的」と紐づいているからだ。すなわち幸せな選択のためには、自分にとっての「幸せの認識」を獲得する必要がある。

✳︎✳︎

 

スピノザいわく「幸せ」とは...

 

“知性もしくは理性と喜びの感情に導かれて自分のチカラを発揮している状態のこと”

 

そのために、毎日の暮らしの中で知性もしくは理性をなるべく完成させるように努めること

それは、自分と他人は不可分な関係にあることを認知しているにもかかわらず、星の数ほどのできない理由や理屈を並べて、そのような選択をなし得ない、そんな自分の知性もしくは理性と向き合うことなのかも知れない。

​自分の魅力の幅を広げよう!

self-efficacy

​セルフ・エフィカシー

empowerment

エンパワーメント

advocacy

​アドボカシー

活動履歴

2018. 10

地球人の学校 活動開始

 

2018.11

国際平和のための世界経済人会議(広島)

2018.12

九州SDGsデザイン会議(福岡)

キャリア形成支援研修スタート

(静岡・福岡・熊本

 

2019.01

キャリア形成支援研修スタート(北九州)

2019.02

介護施設にて絵本イベント初開催(福岡

横浜在住のアーティスト

ウシジマヒロミさん

2019.05

メディア収録(KBCラジオ)

キャリア形成支援研修スタート(大阪

2019.07

キャリア形成支援研修スタート(福山

食育イベント初開催(福岡)

2019.10

西南小学校にてチョークアート教室開催

ニューヨーク在住のアーティスト

Youkee Nishidaさん

2019.11

インバウンド促進で地域創生活動

(長崎・佐賀・福岡)

2020.01

メディア収録(KBCラジオ)

2020.02

イベント:世代を超えてSDGsを語ろう初開催

​(福岡)

2020.03

SDGsコラボイベント(福岡市総合図書館)

九州国連寄託図書館・よかたい図書館共同事業体

JICA・石井ピュアファーム・地球人の学校

✴︎新型コロナウィルス感染拡大防止のため延期

2021.04

​活動再開予定