middle VOICE WORLD

中動態の世界を旅する

── 昭和後期は会社の看板で仕事をすることができた。信用と将来性は個人の人格よりも、会社の資本金と実績のことであり、それがすべてだった。

学生はなるべく偏差値の高い高校や大学へ進学し、世間から大手と認識されている会社への就職を希望した。学生の信用と将来性は偏差値がすべてだった。教育機関の信用と将来性も、進学率と就職率がすべてになった。必然的に学びの目的も学歴と職歴そのものになってしまった。教育は試験に合格するためのテクニックと暗記力を重要視することになり、本来の教育の目的は遠ざけられた。この時代、人は体裁という名の幻を追いかけて、競争と対立という社会の闇を深くしてきた。

ところが平成から令和へと時代が変化するとともに、昭和の仕組みは世界では通用しなくなってきた。世界的には、従来の仕組みで育成された日本人というブランドは、以前ほど高く評価されなくなってしまった。

昭和の時代の日本人は、決められたことを、決められたようにやらなければ組織では上手に生きられなかった。ビジョンや倫理観は組織では余計なものでしかなかった。

 

日本人の評価が “ 日本人と話しをすると、会社の肩書きと過去の実績の話しばかりしたがる。肝心なのは、これから何をしたいかなのに、それは語れない ” のようなものであったとしても、仕方がないのかもしれない。

では、私たちにできることはなんだろう。それはやはり教育である。もちろんすべての人に対する質の高い教育のことだが、特に大人が教育を受けられる機会が少ないのではないだろうか。大人が輝けば子供が輝き、子供が輝けば社会が輝く。大人が教育を受けられる機会は最も重要である。

ここでの教育とは、資格を取得するようなことを意味してはいない。自分を知ろうと努めること、そして目の前の人のことと周りの人のことを知ろうと努めることを意味している。知性もしくは理性をなるべく完成するように努めることに終わりはない。これで良いがないからゴールも資格もない。毎日の暮らしの中で、しあわせは、お互いのまんなかにあることを深めていくことのみである。

  • Facebook

​ARTIST PROFILE